私たちは磁束を活かす技術力で、変圧器/各種電源装置/産業用ヒートロール/産業用電磁誘導加熱装置/電化厨房機器などを開発しています。

ヒートロール 照会シート

お問い合わせはこちら

高周波加熱ヒートロール(GTR)外部加熱型

貴社の生産設備がシンプルで高効率なヒートロールに変身。
イニシャルコスト削減・納期短縮が可能です。

GTRはハイデックが独自に開発した、ヒートロール用加熱システムです。
ロール外部にIHコイルを非接触で設置し、誘導加熱でロール自体をヒーター化するシンプルで熱効率の良いヒートロールです。
従来方式のようにロール内部に熱源を挿入する必要が無く、ロール本体の加工工数を削減。ロールの軽量化・コスト削減・納期短縮が可能となります。
また、既存ロール等の設備にも簡単に装着可能で、大径・小径の加熱制限も減少します。加熱設備のみの提供も可能ですので、貴社の既存・新規設備に御活用下さい。

特長

  • 既存ロールや小径・大径・長尺・エンボス・ゴム巻・無垢ロール等多様に対応可能です。
  • 加熱装置(コイル・INV・ケーブル)のみの販売も可能です。
  • 入力電源は3φ200vで工場電源が容易に使用可能です。
  • GTRは熱効率・力率とも90%以上の加熱効率が良い加熱方法ですので、省エネに貢献します。
  • ロール本体の工数及びコスト削減。メンテナンス用予備ロールの必要性が削減できます。
  • ロールから独立した加熱装置として制作しますので、従来に比べ納期短縮が可能です。
  • 均温精度が高い場合はロールにヒートパイプ又はジャケット構造にして、ロールの均熱精度を高めます。
  • 誘導加熱コイルをケースに収納し、冷却する事により、高温ロールにも対応可能です(400℃)
    ※通常は220℃まではコイル冷却不要。
  • ロール表面から加熱する事で、昇温速度が早く、温度制御性も良くなります。

用途事例

高ニップ圧の無垢ロールに対応可能

カレンダーロール等、高い外圧がかかりロール内部に穴加工ができない無垢ロールの加熱でも、GTRを設置する事で高効率なヒートロール化が可能です。またロール表面から加熱することで、軸部に熱が伝わり難くベアリングの選定も簡素化できます。

熱シーラーロール(端部熱圧着)

従来バッチ式で行われている、フィルムの熱シーラーをライン化(量産化)する為、ロールにGTRで高効率な加熱を行う事で、少ない熱量でシールロールとして活用できます。

ロールの部分加熱

GTRはコイルの配置により、局部加熱が可能で、ロール表面にサーマルクラウンが必要な場合やロール端面の温度低下を補正する事に使用できます。

主な用途

ラミネートロール 乾燥ロール
コーティングロール エンボスロール
予熱ロール カレンダーロール
高ニップ圧無垢ロール 片持ちロール
シールロール その他

設置事例

  • 高温用コイル冷却用ケース
  • サーモグラフィ温度データ

施工事例

  • GTR搭載テスト用カレンダー装置